メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天皇陛下の退位儀式 皇居で始まる

 天皇陛下は30日午前、皇居・宮中三殿で、退位に伴う儀式「退位礼当日賢所(かしこどころ)大前(おおまえ)の儀」に臨まれた。同日をもって退位することを広く国民に伝える国事行為「退位礼正殿の儀」を夕刻に行うことを、皇室が祖とする天照大神(あまてらすおおみかみ)に報告した。

 午前10時過ぎ、陛下は天皇専用の古式装束「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」に身を包み、宮中祭祀(さいし)をつかさどる掌典長の先導で、天照大神を祭る賢所の回廊を進んだ。厳粛な表情で笏(しゃく)を持って進み、中に入る際に深々と一礼。装束の裾を持った侍従らが続いた。宮内庁によると、陛下は拝礼し、「御…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  5. 「事故起こし怖く…」ひき逃げ容疑で28歳会社員逮捕 3カ月乳児死亡 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです