メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天皇陛下の退位儀式 皇居で始まる

 天皇陛下は30日午前、皇居・宮中三殿で、退位に伴う儀式「退位礼当日賢所(かしこどころ)大前(おおまえ)の儀」に臨まれた。同日をもって退位することを広く国民に伝える国事行為「退位礼正殿の儀」を夕刻に行うことを、皇室が祖とする天照大神(あまてらすおおみかみ)に報告した。

 午前10時過ぎ、陛下は天皇専用の古式装束「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」に身を包み、宮中祭祀(さいし)をつかさどる掌典長の先導で、天照大神を祭る賢所の回廊を進んだ。厳粛な表情で笏(しゃく)を持って進み、中に入る際に深々と一礼。装束の裾を持った侍従らが続いた。宮内庁によると、陛下は拝礼し、「御…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです