天皇陛下、最後のおことば「支えてくれた国民に心から感謝」 退位礼正殿の儀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 皇居・宮殿で30日夕、憲政史上初となる「退位礼正殿の儀」が行われ、天皇陛下は「象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」と述べられた。在位中最後のおことばとなった。退位を広く国民に明らかにするための国事行為の儀式で、皇后さまや皇太子ご夫妻ら皇族方、三権の長や閣僚ら計約300人が出席した。

 午後5時ごろ、宮殿「松の間」にモーニング姿の陛下とロングドレス姿の皇后さまが入室した。皇位の証しとされる三種の神器のうち、剣と璽(じ)(まが玉)、国事行為で使われる印章の御璽(ぎょじ)と国璽が侍従によって持ち込まれ、皇太子ご夫妻ら成年皇族が続いた。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文682文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集