メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天皇陛下、最後のおことば「支えてくれた国民に心から感謝」 退位礼正殿の儀

 皇居・宮殿で30日夕、憲政史上初となる「退位礼正殿の儀」が行われ、天皇陛下は「象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」と述べられた。在位中最後のおことばとなった。退位を広く国民に明らかにするための国事行為の儀式で、皇后さまや皇太子ご夫妻ら皇族方、三権の長や閣僚ら計約300人が出席した。

 午後5時ごろ、宮殿「松の間」にモーニング姿の陛下とロングドレス姿の皇后さまが入室した。皇位の証しと…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  5. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです