メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天皇陛下退位「常に平和を念願、人々の思いに寄り添われた」 大島衆院議長が謹話

大島衆院議長

大島理森衆院議長 謹話

 天皇陛下におかせられましては、本日(30日)、皇位継承に向けた一連の儀式を終えられました。時代の大きな節目となる儀式が、厳かにつつがなく執り行われたことを拝し、平成の御代を顧みるとき、無量の感慨を覚える次第であります。

 天皇陛下には、ご即位以来、日本国及び日本国民統合の象徴としての在り方を求められながら、ひたすらに、国と国民のために全身全霊をもってお務めに精励してこられました。皇后陛下とともに、常に平和を念願され、いつも分け隔てなく人々の思いに寄り添われながら、我が国と世界の人々の安寧と幸せをお祈りになる日々のお姿に、私たちは、敬慕の念を抱いてまいりました。ご在位の30年、我が国は戦争…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 座間事件 「後悔はある。もっと遊びたかった」 9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです