メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天皇陛下退位 自民、立憲民主など4党が談話

 自民、立憲民主など4党は30日、前の天皇陛下の退位に伴い談話を発表した。前陛下が象徴天皇としての役割を果たされてきたことを振り返り、与野党とも令和の時代に平和を引き継ぐことを誓った。

 ◆自民党

 平成はまさに激動の時代だった。経済政策「アベノミクス」によって景気回復を迎えるまで経済低迷期が続き、安全保障、経済両面で国家間のパワーバランスは変容した。未曽有の大災害も相次いだ。

 このような時代に、前の天皇陛下は常に国民に寄り添ってこられた。被災した国民のもとに足を運び、一人一…

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです