平成最後の日 雑誌売る路上生活者「格差にも目を向けて」 大阪駅前

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JR大阪駅(大阪市北区)の周辺では30日も、ホームレスの自立支援を目指して大阪市で誕生した「ビッグイシュー日本版」を掲げる路上生活者の浜田進さん(68)の姿があった。2003(平成15)年9月の創刊号から販売を続けている。

 連休中とあって大勢の買い物客らが行き交う中、この日は午前9時半ごろから駅前…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

あわせて読みたい

注目の特集