メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国「大恋愛も」、ベルギー「スピード」、タイ「空白期」…世界の王室代替わり事情

各国君主の主な即位の経緯

 天皇陛下が退位され5月1日から新時代を迎える日本。王室を持つ世界の国々の代替わり事情を探った。【ロンドン服部正法、ブリュッセル八田浩輔、バンコク西脇真一、久野華代】

例外は「王冠をかけた恋」 英王室

 英国のエリザベス女王は4月21日、93歳となった。存命中の世界の君主では最高齢だが、女王は一貫して「国に人生をささげる」姿勢を強調しており、退位はないとみられている。

 英国では、国王の深刻な体調悪化が明白である場合、一時的に「摂政」を置くことがあるが、「退位に関する恒久的な規定は英国法にはない」(ロンドン大学憲法調査グループ)。実際に19世紀初頭、ジョージ3世が深刻な精神疾患とみられる病状となった際も、皇太子が摂政となったが、退位はしなかった。

この記事は有料記事です。

残り1950文字(全文2274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 石破茂氏、「苦い顔」がますます苦く “ポスト安倍”の最有力者、どう見ているの?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです