メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国「大恋愛も」、ベルギー「スピード」、タイ「空白期」…世界の王室代替わり事情

各国君主の主な即位の経緯

 天皇陛下が退位され5月1日から新時代を迎える日本。王室を持つ世界の国々の代替わり事情を探った。【ロンドン服部正法、ブリュッセル八田浩輔、バンコク西脇真一、久野華代】

例外は「王冠をかけた恋」 英王室

 英国のエリザベス女王は4月21日、93歳となった。存命中の世界の君主では最高齢だが、女王は一貫して「国に人生をささげる」姿勢を強調しており、退位はないとみられている。

 英国では、国王の深刻な体調悪化が明白である場合、一時的に「摂政」を置くことがあるが、「退位に関する…

この記事は有料記事です。

残り2041文字(全文2274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです