メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最後の「おことば」は国民への感謝 憲法を大切に、平和を希求 前の天皇陛下

「退位礼正殿の儀」でおことばを述べられる、前の天皇陛下=皇居・宮殿「松の間」で2019年4月30日午後5時8分(代表撮影)

 前の天皇陛下は30日の「退位礼正殿の儀」で、天皇としての務めについて「国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした」と述べられた。在位中最後のおことばを国民への感謝で締めくくった。30年あまり続いた象徴としての日々。自らを規定する憲法を大切にし、平和を希求するメッセージを繰り返し発信してきた。おことばの変遷と、退位日が事前に決まったことで実現した国民との交流を振り返った。【山田奈緒】

この記事は有料記事です。

残り2964文字(全文3167文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 児童ポルノ容疑で元漫画家逮捕 匿名化通信「Tor」利用 京都府警

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 自公連立20年 「統一野党対自公」なら必ず勝つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです