メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前天皇 退位の儀式でおことば 「令和が、平和で実り多くあることを、心から願い」

「退位礼正殿の儀」でおことばを述べられる、前の天皇陛下と前の皇后美智子さま=皇居・宮殿「松の間」で2019年4月30日午後5時8分(代表撮影)

 皇居・宮殿で30日夕、憲政史上初となる「退位礼正殿(せいでん)の儀」が行われ、前の天皇陛下が「象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」と述べられた。在位中最後のおことばとなった。退位を広く国民に明らかにする国事行為の儀式で、前の皇后美智子さまや皇太子ご夫妻(新天皇、皇后両陛下)ら皇族方、三権の長や閣僚ら計約300人が出席した。

 午後5時、宮殿「松の間」にモーニング姿の前の陛下と白のロングドレス姿の美智子さまが入室した。皇位の…

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  4. 桜を見る会関連支払い「不足」 市民団体、公選法違反容疑で首相告発へ

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです