メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貴景勝が大関に 栃ノ心は関脇に陥落 大相撲夏場所番付発表

貴景勝=長宗拓弥撮影

 日本相撲協会は30日、大相撲夏場所(5月12日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表した。3月の春場所で10勝を挙げ、直近3場所で計34勝した貴景勝が大関に昇進した。一方、2場所連続で負け越した栃ノ心は関脇に陥落した。同じ場所で大関の昇進者と陥落者が出るのは、魁皇が昇進して武双山が陥落した2000年秋場所以来。

 貴景勝は初土俵から所要28場所での大関昇進で、年6場所制になった1958年以降では6番目(幕下付け出しを除く)のスピード出世。栃ノ心は今場所10勝以上すれば、7月の名古屋場所は大関に復帰できる。

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 新たに21人の感染確認、1万7306人に 死者12人増、865人 新型コロナ

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです