メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成最後の勝利投手 阪神・秋山「正直、狙っていた」

 ○阪神8―3広島●(30日・甲子園)

 平成最後の勝利投手にふさわしい、93球の復活劇だった。昨年10月に右膝のクリーニング手術をし出遅れていた阪神の秋山が、7回を散発3安打の無失点に抑えて今季初勝利。この日唯一のナイターだったこともあり、「正直、(平成最後は)狙っていた。名前が残ることを前向きに捉えたことが、良い投球につながった」と喜びをかみ締めた。

 直球こそ捕手の構えと逆を突くこともあったが、「変化球をうまく使えた」とカットボールやフォークの制球…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです