メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号

令和、新しい風 沸く街、祝う人(その2止)

新元号「令和」を記念し、百貨店の開店とともに演奏されたファンファーレ=東京都・銀座で2019年5月1日午前10時、山下浩一撮影

100人に振る舞い酒 銀座の百貨店

 東京都中央区の百貨店、松屋銀座は1日午前10時の開店とともに、トランペットによるファンファーレの演奏で令和最初の客を出迎え、新時代の幕開けを祝った。たるの日本酒と「祝令和」の文字が入ったあんパンも用意され、それぞれ先着100人に振る舞われた。

 家族で買い物に訪れた群馬県高崎市の会社員、石坂昌信さん(53)はマスに注がれた日本酒を手に「10連休で遊びに来ました。いい記念になります」。

 静岡県富士市に住む米国人の英語教師、アンドリュー・エスターラインさん(28)は「日本で新時代をどう…

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1279文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです