メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改元

令和に希望込め 善光寺、記帳の長い列 /長野

 一つの時代が終わり、新しい時代を迎えた。「あなたにとっての平成は」「令和への願いは」「平成元年生まれの人は令和をどういう社会にしたいのか」「平成から令和への思いを1文字で表すと」--。各地で聞いた。

 長野市の善光寺には平成への感謝と令和の始まりを祝う記帳所が設けられ、県内外から訪れた大勢の人が列を作った。

 「平成は波瀾万丈(はらんばんじょう)だった」と話すのは長野市上松の美容師、上原由寿さん(40)。美…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  4. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  5. 熱血!与良政談 逃げ切らせないために=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです