メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和へ駆ける

きょう改元 お二人の心に触れる 被災地激励、姫路では緑地へ 県民、感謝の声 /兵庫

「すがはらすいせん公園」でスイセンのレリーフを見つめる小畑泰枝さん(左)と松山朝一さん=神戸市長田区で、反橋希美撮影

 30日に退位の日を迎えられた天皇、皇后両陛下は県内を何度も訪ね、人々の心に強い記憶を残した。阪神大震災(1995年)の被災地や天皇陛下が皇太子時代の1976年に訪問した姫路市の製鉄所関係者は両陛下への感謝の思いを口々に語った。

 「地震からわずか2週間で来ていただいたお気持ちが何よりうれしかった。どれだけ励みになったか」。神戸市長田区の主婦、小畑泰枝さんは95年1月末、焼け野原となった同区の菅原市場跡を訪れた両陛下の姿が忘れられない。

 菅原市場で鶏肉店を営んでいた小畑さん一家は店舗を火災で失った。生活の再建も考えられずにぼうぜんとし…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1116文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ジョンソン前外相が英保守党新党首に 24日に首相就任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです