メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さんぽう西村屋本店

炭火で味わう地元食材 城崎にオープン /兵庫

店内は木目調で、四角いカウンター内の中央にいろりがある「さんぽう西村屋本店」=兵庫県豊岡市城崎町湯島で、村瀬達男撮影

 豊岡市城崎町湯島にある創業150年の老舗旅館「西村屋本館」の東隣にレストラン「さんぽう西村屋本店」がオープンした。店舗の中心に、いろりを据えて、炭火で但馬牛など地元食材を調理するのが特徴だ。

 店名は、西村屋の商売の精神「三方良し」と、地元の神様「三宝荒神」から命名した。

 ディナーコースは「澄明(ちょうめい)」(8000円、税別)が人気。但馬牛や、無農薬の地元野菜を炭火で焼くほか、そばの実の原種「赤花そば」を使った十割…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会見後に予定入れたのは「打ち切り」のため? 原稿棒読みの場面も多く 菅首相

  2. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです