メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
新時代に思う

皇室と和歌山 「稲むらの火の館」館長・崎山光一さん(69) 「災害ない世」願い共に /和歌山

稲むらの火の館で津波シミュレーションをご覧になる、前の天皇、皇后両陛下。右は案内する崎山光一さん=和歌山県広川町で2015年9月26日、西本勝撮影

 前の天皇、皇后両陛下と新天皇陛下は2015年、防災学習施設「稲むらの火の館」(広川町広)を相次いで訪問された。案内役を務めた館長の崎山光一さん(69)は、防災に関心を持ち、被災者に寄り添う姿勢に感銘を受けたという。新時代を迎え、崎山さんは「災害ができるだけない世の中になってほしい」と祈っている。

 広川町は、安政南海地震(1854年)の際に豪商・浜口梧陵が稲わらの火で住民を高台に誘導した「稲むらの火」の故事で知られる。梧陵が私財を投じて築いた堤防は、住民を昭和南海地震(1946年)の津波から救った。同館は津波防災教育センターと浜口梧陵記念館からなり、町ぐるみで防災を語り継ぐ拠点になっている。

 新陛下は皇太子時代の15年7月、県内で開かれた全国高校総体の開会式に臨席するため来県し、稲むらの火…

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1246文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 犯人蔵匿隠避容疑で逮捕 あおり運転同乗50代女 宮崎容疑者暴行認める

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  5. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです