メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私年号「天晴」棟札

幕末土佐、「慶応」の次は… 南国で初公開 /高知

「天晴」と記された棟札などの資料が並ぶ展示室=高知県南国市の県立歴史民俗資料館で、郡悠介撮影

新時代幕開け

 県立歴史民俗資料館(南国市岡豊町八幡)は、ゴールデンウイーク(GW)限定で幕末土佐の私年号「天晴(てんせい)」が記された棟札(むなふだ)など6件を特別展示している。一部資料を除き6日まで。

 天晴は明治に改元される直前に土佐の民衆が使った私年号。資料館によると、「慶応」から「てんせい」に改元されるとのうわさが京都から伝わり、社会に世直しの機運が高まる中で当て…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
  5. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです