メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

新天皇陛下即位 前天皇は上皇に 退位儀式でおことば「国民に心から感謝」

「退位礼正殿の儀」でおことばを述べられる、前の天皇陛下と前の皇后美智子さま=皇居・宮殿「松の間」で2019年4月30日午後5時8分(代表撮影)

 皇居・宮殿で30日夕、憲政史上初となる「退位礼正殿(せいでん)の儀」が行われ、前の天皇陛下が「象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」と述べられた。在位中最後のおことばとなった。退位を広く国民に明らかにする国事行為の儀式で、前の皇后美智子さまや皇太子ご夫妻(新天皇、皇后両陛下)ら皇族方、三権の長や閣僚ら計約300人が出席した。

 午後5時、宮殿「松の間」にモーニング姿の前の陛下と白のロングドレス姿の美智子さまが入室した。皇位の証しとされる三種の神器のうち、剣と璽(まが玉)、国事行為で使われる印章の御璽と国璽が侍従によって持ち込まれ、新両陛下や成年皇族が続いた。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです