メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

統計取らなければ平等か パリ支局・賀有勇

 原稿を書くためさまざまな統計を引用しようとする際、特定の統計が手に入らずに悩まされることがある。フランスでは人種、民族、宗教に関する統計を取ることが法で禁じられているためだ。

 仏憲法第1条は、人は「出自、人種、宗教」によって差別されず法の下に平等と定めている。特に人種を巡っては、第二次大戦中ビシー政権がナチス・ドイツのユダヤ人迫害に加担した反省から、1972年に反人種差別法が成立した。最近では、人を人種で区別することはできないとの考え…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです