メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

統計取らなければ平等か パリ支局・賀有勇

 原稿を書くためさまざまな統計を引用しようとする際、特定の統計が手に入らずに悩まされることがある。フランスでは人種、民族、宗教に関する統計を取ることが法で禁じられているためだ。

 仏憲法第1条は、人は「出自、人種、宗教」によって差別されず法の下に平等と定めている。特に人種を巡っては、第二次大戦中ビシー政権がナチス・ドイツのユダヤ人迫害に加担した反省から、1972年に反人種差別法が成立した。最近では、人を人種で区別することはできないとの考え…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  3. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  4. 愛媛・西条市が「若者が住みたい田舎」全国1位に 前年5位からアップ

  5. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです