メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

「令和の皇室」座談会 継承し補う「象徴」 社会の多様化対応(その1)

河西秀哉氏=東京都千代田区で2019年4月16日、宮本明登撮影

 「令和」の時代が1日、スタートを切った。新しい天皇陛下が即位され、前の天皇陛下は上皇に就かれた。新天皇、皇后両陛下のもとで、どのような皇室が築かれ、国民との関係が育まれていくのだろうか。ノンフィクション作家の保阪正康氏、著述家の湯山玲子氏、名古屋大大学院准教授の河西秀哉氏の3人に意見を交わしてもらった。【司会は磯崎由美・編集編成局次長、写真は宮本明登】(座談会は4月16日に開催しました)

この記事は有料記事です。

残り3994文字(全文4190文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

  5. GSOMIA失効回避も 日韓経済の回復遠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです