メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

「令和の皇室」座談会 継承し補う「象徴」 社会の多様化対応(その2止)

座談会で話し合う(左から)河西秀哉氏、保阪正康氏、湯山玲子氏=東京都千代田区で2019年4月16日、宮本明登撮影

個人史にも天皇制 湯山氏/「尊敬」引き継いで 河西氏/改元手続きは疑問 保阪氏

 

 --皇室に入る前はもっと自分を出されていたのではないでしょうか。

 保阪氏 天皇家に入るということは、論理では割り切れないものを抱えこむことでもあります。ある種の神話や、霊的なものへの許容幅がないとやっていけない。美智子さまの場合はそこを乗り越えたわけです。

 湯山氏 パワースポットといったもののブームの中心は神社ですよね。そこへ行って、自然の力を感じて、厳…

この記事は有料記事です。

残り3747文字(全文3967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです