メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第9部 りそなグループ/19 統合深化へ粘りの調整

関西みらいフィナンシャルグループ各行の営業担当者同士で打ち合わせする紀平昌之(左)ら=神戸市のみなと銀行本店で2019年3月、小川祐希撮影

 「新しい時代に入ろうとする瞬間に、大きな一歩を踏み出せた」。新元号が発表された4月1日、りそなグループの近畿大阪、関西アーバン両行が合併して誕生した関西みらい銀行(大阪市)の発足式で、社長の菅哲哉(58)は力を込めた。りそなホールディングス子銀行の近畿大阪は昨年4月、三井住友フィナンシャルグループの関西アーバン、みなと両行と経営統合。関西でのさらなる営業力強化に向け、うち2行が合併に踏み切った。

 統合に向けた作業は2017年4月に始まった。大阪市で開かれた3行の営業部門幹部の初会合。りそなから…

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1141文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです