メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・医療・健康

初夏の紫外線、全方位対策

紫外線を防ぐには

 大型連休真っただ中、お出かけする人も多いはず。日焼けやシミの原因になる紫外線は、5月ごろから強くなるため注意が必要だが、骨を強化するのに役立つ効用もある。

 ●炎症、光老化の原因

 千葉県の40代男性会社員は、昨年5月の連休中に家族で行った潮干狩りでの苦い体験が忘れられない。顔には日焼け止めクリームを塗り、首にタオルを巻くなどしたが、2時間半ほどして陸に上がると、ズボンをまくり上げた膝下が真っ赤に。男性は「油断した。あんなに日焼けするとは」と振り返った。

 「思ったより日焼けをしてしまうのが初夏の怖さだ」。神戸大名誉教授で、アーツ銀座クリニックの市橋正光院長(皮膚科)はこう説明する。

この記事は有料記事です。

残り1084文字(全文1377文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 国連事務総長が声明「核なき世界へ重要な一歩」 核兵器禁止条約発効

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです