メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『歌う尼さんのほっこり法話』 やなせななさん

「歌う尼さん」として各地で法話コンサートを行う、やなせななさん=木村滋撮影

 (国書刊行会、1620円)

「生かされているいま」感じて

 寺の住職で、シンガー・ソングライターのやなせななさん(43)の新著「歌う尼さんのほっこり法話」(国書刊行会)が発刊された。寺で生まれ育った視点や家族のこと、子宮体がんを患った経験、歌とともにある暮らしなど、自身の歩みがつづられる。【明珍美紀】

 「人生、ときには行き詰まることがあるが、不十分でもいい。いま、この瞬間を生きていることに感謝したい」とやなせさんは言う。

 奈良県高取町の寺の跡継ぎとして、34歳で住職になった。「規模が小さいので生計は立てられない。私を含…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1119文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  3. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 屋久島豪雨「命の危険感じた」 車中で一夜、下山の男性

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです