メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

番付発表 炎鵬「白鵬と戦いたい」

新入幕を果たし、白鵬(左)と握手する炎鵬=村社拓信撮影

 大相撲夏場所(12日初日、東京・両国国技館)の新番付が4月30日発表され、3月の春場所で優勝した横綱・白鵬は東京都墨田区の宮城野部屋で記者会見した。先場所で右腕を痛めたが、「明日にでも、稽古(けいこ)できる足腰を作り上げたい」と、「令和」最初の本場所への意気込みを語った。

 白鵬は、歴代最多42回の幕内優勝など数々の記録を打ち立てた「平成」を振り返り、悔いが残ることとして「連勝記録が63で止まったこと」を挙げた。2010年九州場所2日目に当時平幕の稀勢の里(後に横綱、現荒磯親方)に敗れ、双葉山の69連勝に届かなかった。「その黒星があるからここまでやれた」と悔しさを糧にしてきたことを明かした。

 先場所は千秋楽の優勝インタビューで三本締めを行い、けん責処分を受けた。「多少の反抗期もあったが、今はちゃんとした大人にならないといけない」と神妙に語った。

この記事は有料記事です。

残り1958文字(全文2335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. なぜ? 日焼け止め、防寒着、水筒に氷入れ→校則やルールで禁止 熊本市立の小中高アンケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです