メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

番付発表 炎鵬「白鵬と戦いたい」

新入幕を果たし、白鵬(左)と握手する炎鵬=村社拓信撮影

 大相撲夏場所(12日初日、東京・両国国技館)の新番付が4月30日発表され、3月の春場所で優勝した横綱・白鵬は東京都墨田区の宮城野部屋で記者会見した。先場所で右腕を痛めたが、「明日にでも、稽古(けいこ)できる足腰を作り上げたい」と、「令和」最初の本場所への意気込みを語った。

 白鵬は、歴代最多42回の幕内優勝など数々の記録を打ち立てた「平成」を振り返り、悔いが残ることとして「連勝記録が63で止まったこと」を挙げた。2010年九州場所2日目に当時平幕の稀勢の里(後に横綱、現荒磯親方)に敗れ、双葉山の69連勝に届かなかった。「その黒星があるからここまでやれた」と悔しさを糧にしてきたことを明かした。

 先場所は千秋楽の優勝インタビューで三本締めを行い、けん責処分を受けた。「多少の反抗期もあったが、今…

この記事は有料記事です。

残り1986文字(全文2335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東芝子会社で架空取引 200億円規模 グループ外企業と循環取引か

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  4. 「たけちんの続編、見たかった」 京アニ放火殺人半年 「らき☆すた」監督の友人悼む

  5. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです