メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

新天皇陛下即位 笑顔バトンタッチ 新両陛下、被災地の励み

福岡県朝倉市の仮設住宅を訪問され、九州北部豪雨の被災者の女性と懇談する新両陛下=2018年9月26日

 1日に即位された新天皇、皇后両陛下は災害が相次いだ平成の時代、被災地など各地を訪問し、国民と交流してきた。思い出に残るやり取りをした人たちは、令和の時代も両陛下が国民に寄り添い、平和が続くことを願う。

赤ん坊の手握り、復興の背中押し

 新両陛下が2018年9月に訪れた九州北部豪雨(17年7月)の被災地、福岡県朝倉市。自宅が全壊して仮設住宅で暮らす福岡大工学部助手の古賀千佳嗣(ちかし)さん(37)は被害状況などを15分以上説明した。新皇后さまには生後7カ月の長男の手を握ってあやしてもらった。

 年配者の中には復旧が進まない状況にあきらめの気持ちを抱く人もいたが、「復興に向けてがんばろう」と思…

この記事は有料記事です。

残り966文字(全文1262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. ヤフーとラインが「経営統合の検討」発表

  3. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです