メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

新天皇陛下即位 多文化社会、包む柔らかさ=社会部皇室担当・大久保和夫

 古代の天皇は、高所に登り民の暮らしぶりを確かめる手立てにしていたとされる。「国見(くにみ)」という。定例的に国内を巡る天皇の旅は、現代の国見に当たるだろう。昭和から令和の天皇の3代で国見はひとつずつ増えていく。

 昭和天皇は、1946年からの「国民体育大会」、50年からの「全国植樹祭」に出席。敗戦後の国民の体力向上を目指し、燃料確保で乱伐された山野をよみがえらせる、いわば失われたものを取り戻す国民運動という側面があった。

 ハゼの研究者である上皇となった前の天皇陛下は「全国豊かな海づくり大会」に出席された。漁業資源の枯渇…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです