メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改元

平成から令和へ カウントダウン、新時代祝う

「退位礼正殿の儀」の生中継を大型の街頭テレビで見る通行人ら=東京都新宿区で2019年4月30日午後5時、宮間俊樹撮影

 平成最後の日の30日、人々は退位の儀式に臨まれた前の天皇陛下の姿をテレビ中継で見届け、過ぎゆく時代を振り返った。雨が降りしきる中、列島各地で記念行事が開かれ、若者が集まる街ではカウントダウンの歓声が上がった。5月1日午前0時、令和が幕を開けた。

 東京都渋谷区・JR渋谷駅前のスクランブル交差点は大勢の若者が集まった。日付が変わる直前にカウントダウンが始まり、「5、4、3、2、1、令和!」と歓声が夜空に響いた。

 交差点には30日午後11時過ぎから多数の人が集まり、警察官が交通誘導に当たった。カウントダウンに参加した埼玉県ふじみ野市の大学4年、植原優樹さん(22)は「来年、社会人になるので思い出づくりに渋谷に来た。令和の時代は、私たちの世代が社会を引っ張っていきたい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 講演で「トイレ汚い」きっかけ 大間々駅前のトイレ清掃 23年間休まず1200回

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 中国地方で大雨被害 島根・江の川が氾濫 広島では土砂崩れ、親子2人不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです