メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「宇都宮餃子」の知名度向上に尽力 みんみん前社長の伊藤信夫さん死去 85歳

焼き餃子を皿に盛る伊藤信夫さん=宇都宮市で2007年11月21日、小出洋平撮影

 人気ギョーザ専門店「宇都宮みんみん」前社長で、市内のギョーザ店でつくる宇都宮餃子(ギョーザ)会の初代代表理事を務めた伊藤信夫さんが27日、病気のため亡くなった。85歳。平成の時代に全国区となった「宇都宮餃子」の知名度向上に尽力した。

 生前の本人の希望で遺体は献体され、葬儀は営まない。代わりに、遺族…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです