「令和」ゆかりの大宰府政庁跡で人文字 万葉集「宴」舞台

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新元号「令和」の出典元となった万葉集の序文に記された「梅花の宴(うたげ)」の舞台とされる福岡県太宰府市の大宰府政庁跡で1日朝、市民ら約1500人が「令和」の人文字をつくり、新たな時代の幕開けを祝った。

 大宰府政庁跡には雨が降る中、午前6時過ぎから「令和」と記した傘や額を持参した参加者が約1時間かけて整列。午前7時半に縦60メートル、横40メートルの人文字を完成させた。参加者は「平成あ…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

あわせて読みたい

注目の特集