メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇居二重橋「新元号万歳!」の歓声

平成最後の日を迎え、皇居前広場を訪れた大勢の人たち=東京都千代田区で2019年4月30日午後4時24分、手塚耕一郎撮影

 「平成」から「令和」へ――。東京都千代田区の皇居正門(二重橋)付近や渋谷のスクランブル交差点には30日深夜、改元の瞬間や「新元号最初の朝」を迎えようと、大勢の人が集まった。

 二重橋付近では改元10秒前になると、群衆からカウントダウンを刻む声が自然にわき起こり、改元の瞬間には「新元号万歳!」との歓声も上がった。

 「せっかく時代が変わるなら、皇居で迎えたいと思って来た」。そう語った台東区の会社員、尾川怜(さとし…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです