メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和「初日の出」納沙布岬は残念…国後島出身者「返還の希望持つ」

 本土最東端の納沙布岬(北海道根室市)では、令和最初の日の出を見ようと、外国人観光客を含む大勢が1日早朝から待機したが、雲が垂れこめ、太陽は見えなかった。

 日の出予定時刻は午前4時12分、根室市観光協会によると約370人が集まった。北方領土元島民らで作る千島歯舞諸島居住者連盟根室支部長で国後島出身の…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 東京都 新たに180人以上の感染確認 1日で最多 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです