令和「初日の出」納沙布岬は残念…国後島出身者「返還の希望持つ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 本土最東端の納沙布岬(北海道根室市)では、令和最初の日の出を見ようと、外国人観光客を含む大勢が1日早朝から待機したが、雲が垂れこめ、太陽は見えなかった。

 日の出予定時刻は午前4時12分、根室市観光協会によると約370人が集まった。北方領土元島民らで作る千島歯舞諸島居住者連盟根室支部長で国後島出身の…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文317文字)

あわせて読みたい

注目の特集