100枚の「令和」連だこ空高く 先頭には「平成ありがとう」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大空を飛ぶ令和の連だこ=札幌市豊平区のさっぽろ羊ケ丘展望台で2019年5月1日午前10時、竹内幹撮影
大空を飛ぶ令和の連だこ=札幌市豊平区のさっぽろ羊ケ丘展望台で2019年5月1日午前10時、竹内幹撮影

 札幌市豊平区の観光名所、さっぽろ羊ケ丘展望台で1日午前、新時代の平和を願い「令和」と書かれた100枚の連だこが揚がった。空に映える鮮やかな赤、青、緑の長さ約100メートルの連だこが風に乗って空高く舞い上がると、見物客から歓声が上がった。

 約半世紀にわたり、毎年連だこでえとを祝ってきた「札幌凧(たこ…

この記事は有料記事です。

残り77文字(全文227文字)

あわせて読みたい

注目の特集