「令和」最初の日 両陛下の車に集まった人々から歓声

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「令和」最初の日の1日、人々は新天皇陛下の即位を祝い、新時代の訪れに希望を新たにした。列島は広い範囲で曇りや雨だったが、各地でイベントや行事が開かれ、祝賀ムードが広がった。

 東京都千代田区の皇居・半蔵門前。午後3時近くに即位された新天皇陛下と新皇后雅子さまを乗せた車が通過すると、近くの沿道を埋め尽くした大勢の人々が「陛下!」「雅子さま!」「おめでとうございます!」と歓声を上げた。

 横浜市戸塚区の大学1年、牧野航大(こうだい)さん(19)は「天皇陛下が笑顔で手を振ってくださり、とても幸せな気持ちになった。お二人とも海外で生活された経験を生かし、いろいろな国と友好関係を築いていただければ」と興奮冷めやらぬ様子。

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文1029文字)

あわせて読みたい

注目の特集