メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新天皇陛下「憲法にのっとり、象徴の責務」 上皇さまに「心から感謝」 即位後朝見の儀

 「令和」の時代が幕開けした1日、新天皇陛下(59)は皇居・宮殿で初めて国民に向けたおことばを述べる「即位後朝見の儀」に臨まれた。上皇となった前の天皇陛下の30年あまりの在位に「敬意と感謝」を示したうえで、「自己の研鑽(けんさん)に励むとともに、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、象徴としての責務を果たすことを誓う」と抱負を述べた。

 即位に伴う国事行為の儀式は二つあり、午前10時半ごろから、宮殿「松の間」で「剣璽等承継(けんじとう…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文933文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです