どうなる皇位継承 「男系男子」維持主張の保守派 議論難航は必至

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「剣璽等承継の儀」に臨まれる新天皇陛下=皇居・宮殿「松の間」で2019年5月1日午前10時32分、小川昌宏撮影
「剣璽等承継の儀」に臨まれる新天皇陛下=皇居・宮殿「松の間」で2019年5月1日午前10時32分、小川昌宏撮影

 1日の新天皇陛下の即位で、皇位継承資格のある男性皇族は4人から3人に減少した。安定的な皇位継承の確保はこれまで以上の急務となる。安倍政権は即位に関する式典が終わる今秋以降の議論開始を見込む。ただ、父方の祖先に天皇がいる「男系男子」による皇統維持の伝統を巡り、議論が難航するのは必至だ。【野口武則、野間口陽】

この記事は有料記事です。

残り2130文字(全文2284文字)

あわせて読みたい

注目の特集