メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

どうなる皇位継承 「男系男子」維持主張の保守派 議論難航は必至

「剣璽等承継の儀」に臨まれる新天皇陛下=皇居・宮殿「松の間」で2019年5月1日午前10時32分、小川昌宏撮影

 1日の新天皇陛下の即位で、皇位継承資格のある男性皇族は4人から3人に減少した。安定的な皇位継承の確保はこれまで以上の急務となる。安倍政権は即位に関する式典が終わる今秋以降の議論開始を見込む。ただ、父方の祖先に天皇がいる「男系男子」による皇統維持の伝統を巡り、議論が難航するのは必至だ。【野口武則、野間口陽】

この記事は有料記事です。

残り2130文字(全文2284文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです