メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HOTプロ野球

初勝利、初本塁打は巨人から プロ野球「令和初」をまとめてみた

 元号が平成から令和に変わり、1日のプロ野球では数々の「令和初」が生まれた。12球団で令和1号となる本塁打を放ったのは坂本勇人内野手(巨人)で、勝利投手は菅野智之投手(巨人)だった。坂本勇は「まさか1号を打てるとは思わなかった」と喜び、菅野は「もっと記録を残し、次の時代で初めて勝った人が(菅野という名前を聞いて)ぴんとくるようにしたい」と語った。

 セの3試合は午後2時の試合開始予定だったが、甲子園の阪神―広島戦が天候不良で約30分遅れでスタート。パはオリックス―ロッテが午後5時、残りの2試合が午後6時開始だった。そのため、多くの「記録」を巨人―中日、DeNA―ヤクルトに譲ることになった。

 パの令和1号は、昨季の本塁打王の山川穂高内野手(西武)が放った。勝利投手は涌井秀章投手(ロッテ)だった。ちなみに、平成1号は原辰徳内野手、勝利投手1号は桑田真澄投手(ともに当時巨人)。【プロ野球取材班】

 主な「令和初」は以下の通り。☆は12球団全体で「令和初」。

<セ・リーグ>

☆勝利投手=菅野智之(巨人)

☆敗戦投手=山井大介(中日)

☆本塁打=坂本勇人(巨人)

☆安打=太田賢吾(ヤクルト)

☆二塁打=石川雄洋(DeNA)

☆打点=亀井善行(巨人)

☆得点=坂本勇人(巨人)

☆三振=渡辺勝(中日)

☆奪三振=菅野智之(巨人)

☆盗塁(重盗)=山本泰寛、亀井善行(巨人)

☆犠打=大貫晋一(DeNA)

☆失策=田中広輔(広島)

<パ・リーグ>

 勝利投手=涌井秀章(ロッテ)

 敗戦投手=榊原翼(オリックス)

 本塁打=山川穂高(西武)

 安打=角中勝也(ロッテ)

 二塁打=大田泰示(日本ハム)

☆三塁打=鈴木大地(ロッテ)

 打点=鈴木大地(ロッテ)

 得点=中村奨吾(ロッテ)

 三振=荻野貴司(ロッテ)

 奪三振=榊原翼(オリックス)

 盗塁=金子侑司(西武)

 犠打=若月健矢(オリックス)

 失策=金子侑司(西武)

☆捕逸=若月健矢(オリックス)

☆退場(危険球)=武田翔太(ソフトバンク)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 大きな虹 福岡の空に
  5. 英・離脱党党首にシェーク 警察販売自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです