特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Field of View

敗北から学んだ王者 車いすテニスの国枝慎吾

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
車いすテニスの飯塚国際大会男子シングルスで優勝し、天皇杯を手に笑顔を見せる国枝慎吾=福岡県飯塚市の筑豊ハイツテニスコートで2019年4月28日、森園道子撮影
車いすテニスの飯塚国際大会男子シングルスで優勝し、天皇杯を手に笑顔を見せる国枝慎吾=福岡県飯塚市の筑豊ハイツテニスコートで2019年4月28日、森園道子撮影

 車いすテニスの4大大会男子シングルスで22度の優勝を誇る国枝慎吾(35)にとっても、格別な優勝だった。

 福岡県飯塚市で4月28日に行われた天皇杯・皇后杯第35回飯塚国際大会男子シングルス決勝。国枝は2012年ロンドン・パラリンピック決勝の再戦となったステファン・ウデ(フランス)との対決を7―6、7―5のストレートで制し、4年ぶりの復活優勝を果たした。初の天皇杯を手にした国枝は「復活と言っていい。すごくハッピーです」。冷たい雨に打たれながらも、どん底からはいあがった国枝らしく、リスクを恐れない積極的な攻撃が光った。

 かつて炭鉱業で栄えた飯塚は、炭鉱事故などで脊髄(せきずい)を損傷した患者が多かった。リハビリの一環で車いすテニスが行われたことがきっかけで1985年に大会が創設され、昨年からは天皇杯・皇后杯が授与されるようになった。国枝は「僕も35歳。(天皇杯を)取れずに終わるかもという考えが頭をよぎったが、ほっとした」と口にした。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文1092文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集