連載

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

バッハとイタリア・オペラをテーマに、執筆、講演、音楽ツアーの企画など多彩に活動する加藤浩子さんのコラム。クラシックナビ連載。

連載一覧

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

歴史と美食とオペラの魅惑〜ボローニャ歌劇場(ボローニャ市立劇場)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ボローニャ歌劇場正面
ボローニャ歌劇場正面

 ボローニャは、名前が知られているわりには足を留めるひとが少ない街ではないだろうか。

 フィレンツェよりちょっと北、イタリアの北と中部の境目くらいにあるボローニャは、イタリアの交通の要衝である。南北を結ぶ重要な鉄道は大半がボローニャを経由するし、中都市にはめずらしい空港もある。だから乗り降りするひとは多いのだが、仕事ならともかく観光地として立ち寄るひとはあまりない。

 けれどボローニャは、通り過ぎるだけではもったいない街である。見どころも多いし、食べ物もおいしい。それに、オペラもいけるのである。

この記事は有料記事です。

残り3459文字(全文3708文字)

あわせて読みたい

注目の特集