メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改元婚

令和初日、華やかに 新潟のカップル「感無量」 軽井沢 /長野

 平成が終わり、新しい時代「令和」が1日、幕を開けた。県内でもお祝いの行事が催され、大安のこの日を選んで婚姻届を出すカップルが市役所や役場を訪れた。「『和』という字の通り、平和な世の中になってほしい」と多くの人たちが令和に願いを込めた。

 平成から令和に移り変わった30日深夜から1日未明、軽井沢町の軽井沢プリンスホテルで「改元ウエディング」があった。式を挙げたのは新潟県三条市の会社員、守屋翼さん(34)と小林…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  2. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです