メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号

令和初日 それぞれの新時代 /三重

 元号が「令和」に改められた1日、県内でも各地でお祝いの行事が営まれた。神社やイベント会場には多くの人が詰めかけた。新時代初日で日柄の良い「大安」でもあることから、婚姻届の提出など人生の節目を迎える人の姿もあった。

参拝客どっと まるで正月 伊勢神宮

 伊勢市の伊勢神宮内宮には、午前5時の開門と同時に大勢の参拝客が押し寄せた。時間を追うごとに客が増え、10時すぎには宇治橋前まで長い列ができた。正月を思わせるような大混雑に神宮職員も「2013年の式年遷宮後も大勢の参拝客が訪れたが、それに匹敵する人出」と驚きを隠せない様子だった。

 新元号の日付が入った御朱印をもらおうと、急きょ設けられた臨時御朱印所前にも長蛇の列ができた。2時間…

この記事は有料記事です。

残り2678文字(全文2992文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです