メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和へ駆ける

新天皇陛下 気さくな人柄、随所に 県立農業高の実習視察 加古川 /兵庫

ご視察時の資料を読む兵庫県立農業高校の澤井正志校長。右隣が新天皇陛下(当時の皇太子)が腰かけたソファ。右手前は焼き菓子「古代米ツイスト」=兵庫県加古川市平岡町の同校で、広田正人撮影

 1日に即位の日を迎えられた新天皇陛下。県秘書課儀典室によると、皇太子だった平成以降で17回の来県を数える。2014年11月、神戸市を中心に開催された「第17回全国農業担い手サミットinひょうご」に臨席し、加古川市平岡町新在家の県立農業高で実習を視察された。当時教頭だった澤井正志校長(57)は「子どもたちと触れ合っていただき、本当に良かった」と懐かしむ。

 到着は同月12日の午後3時1分、滞在が午後4時1分までと分刻みのスケジュール。澤井校長は事前の準備…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文814文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです