メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和へ駆ける

新天皇陛下 気さくな人柄、随所に 県立農業高の実習視察 加古川 /兵庫

ご視察時の資料を読む兵庫県立農業高校の澤井正志校長。右隣が新天皇陛下(当時の皇太子)が腰かけたソファ。右手前は焼き菓子「古代米ツイスト」=兵庫県加古川市平岡町の同校で、広田正人撮影

 1日に即位の日を迎えられた新天皇陛下。県秘書課儀典室によると、皇太子だった平成以降で17回の来県を数える。2014年11月、神戸市を中心に開催された「第17回全国農業担い手サミットinひょうご」に臨席し、加古川市平岡町新在家の県立農業高で実習を視察された。当時教頭だった澤井正志校長(57)は「子どもたちと触れ合っていただき、本当に良かった」と懐かしむ。

 到着は同月12日の午後3時1分、滞在が午後4時1分までと分刻みのスケジュール。澤井校長は事前の準備…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. 恵方巻きの廃棄削減を 農水省、節分を前に各社に要請

  3. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  4. ライフスタイル ゴミ分別が徹底された結果、ゴミが街に溢れた!? イタリアのゴミ事情はこんな感じ(GetNavi web)

  5. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです