メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号

「令和」新時代の産声 /鳥取

生まれたばかりの長女凛ちゃんを抱く村上朋恵さん。腕に巻いた標識には「5月1日」の記述も=鳥取市叶のみやもと産婦人科医院で、小坂春乃撮影

 皇太子徳仁(なるひと)さまが新天皇に即位され、新しい元号「令和」の幕が開けた1日、各役場には臨時の窓口が設けられ、婚姻届を提出するカップルが殺到。新生児も誕生するなど新しい「絆」や「命」が生まれた。イベントが開かれたり、記念商品が販売されたりし、県内でもお祝いムード一色になった。【野原寛史、阿部絢美、小坂春乃】

この記事は有料記事です。

残り1769文字(全文1926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  3. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです