メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号

「令和」新時代の産声 /鳥取

生まれたばかりの長女凛ちゃんを抱く村上朋恵さん。腕に巻いた標識には「5月1日」の記述も=鳥取市叶のみやもと産婦人科医院で、小坂春乃撮影

 皇太子徳仁(なるひと)さまが新天皇に即位され、新しい元号「令和」の幕が開けた1日、各役場には臨時の窓口が設けられ、婚姻届を提出するカップルが殺到。新生児も誕生するなど新しい「絆」や「命」が生まれた。イベントが開かれたり、記念商品が販売されたりし、県内でもお祝いムード一色になった。【野原寛史、阿部絢美、小坂春乃】

この記事は有料記事です。

残り1769文字(全文1926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 「容体は安定」症状あった帰国者5人の受け入れ病院が会見 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです