メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人言ながさき

自然の面白さを発信 イラストレーター・山本春菜さん(33) /長崎

 恐竜の化石が発掘されるなど雄大な自然を誇る長崎市野母崎地区で、イラストレーターの山本春菜さん(33)が自然の面白さを発信する活動に取り組んでいる。2015年7月から地域おこし協力隊員として3年間滞在し、地域に残る道を選んだ山本さんに、今後の抱負などを聞いた。【聞き手・加藤小夜】

 --なぜ野母崎に来ることに?

 ◆大学時代の先輩がいて、遊びに来た。その時、先輩夫婦が営むカフェ近くの壁に魚の絵を頼まれ、描いていると「マグロの目の角度が違う」と指摘を受けた。絵を描く時に参考にしていた、定置網に入った面白い魚をブログで紹介していた漁師さんだった。翌日漁に同行させてくれ魚までもらった。1年ほど通い、自然の豊かさや人の温かさに触れ、物語のようなことが起きるまちだと感じた。この物語の中に入りたいと、地域おこし協力隊…

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです