メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

即位後朝見の儀 新天皇陛下、上皇さまに「感謝」 「憲法にのっとり象徴の責務果たす」

「即位後朝見の儀」でおことばを述べられる新天皇陛下=皇居・宮殿「松の間」で2019年5月1日午前11時14分、佐々木順一撮影

 「令和」の時代が幕開けした1日、新天皇陛下(59)は皇居・宮殿で初めて国民に向けたおことばを述べる「即位後朝見の儀」に臨まれた。上皇となった前の天皇陛下の30年あまりの在位に「敬意と感謝」を示したうえで、「自己の研鑽(けんさん)に励むとともに、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、象徴としての責務を果たすことを誓う」と抱負を述べた。【高島博之】

 即位に伴う国事行為の儀式は二つあり、午前10時半ごろから、宮殿「松の間」で「剣璽等承継(けんじとう…

この記事は有料記事です。

残り1290文字(全文1522文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです