メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

「はやぶさ2」さめた目を忘れずに=澤岡昭・大同大名誉学長

澤岡昭 大同大名誉学長

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」による小惑星リュウグウへの着地(2月22日)と爆薬を使う銅の塊の撃ち込み(4月5日)は、これ以上望めないほどの成功だった。毎日新聞では当日夕刊と翌日朝刊で掲載し、他紙も同様に報じたが、当事者の発表ぶりと比べると内容に物足りなさを感じた。

 リュウグウから地球への電波到達に17分かかるので、着地も撃ち込みも「リアルタイム」とはいかないが、数十分遅れで装置の作動状況を確認できる。その全てが公開され、メディアへの説明も迅速に行われた。開発担当者が記者の質問に答える姿がユーチューブでライブ中継された。全てをできるだけ速やかに公開する異例の広報姿勢に驚かされた。

 リュウグウの表面は予想に反して岩だらけだったため、高い精度での着地が不可欠で、撃ち込みも極めて難易…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文852文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです