メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

軍の一部離反 反大統領派、大規模デモへ 政権「クーデター鎮圧」

治安部隊と衝突し、催涙弾を投げるデモの参加者=カラカスで30日、ロイター

 【サンパウロ山本太一】政治混乱が続く南米ベネズエラの首都カラカスで4月30日、独裁色を強めるマドゥロ大統領に対して野党指導者グアイド国会議長の呼び掛けに応じたデモ隊が治安部隊と衝突した。同日朝にはカラカスで軍の一部がマドゥロ氏に反旗を翻したが、動きは小規模にとどまった。マドゥロ氏は「クーデターの試みを鎮圧した」と宣言したものの、グアイド氏は退陣圧力を強めて5月1日にも大規模デモを開く予定で、情勢は流動的だ。

 グアイド氏は30日早朝、軍の蜂起と市民のデモ開催を呼びかけた。現地からの報道によると、市民数千人が街頭に出て反政府デモを展開した。このうち一部が暴徒化し、火炎瓶や石などで治安当局を攻撃。治安当局も催涙弾やゴム弾、放水などで応戦し、少なくとも100人がけがをした。治安当局の車両がデモ隊に突っ込む場面もあった。他の複数の都市でもデモが起きた。また、離反した兵士数十人と治安当局との間でも銃撃戦が起きた…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです