メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

軍の一部離反 反大統領派、大規模デモへ 政権「クーデター鎮圧」

治安部隊と衝突し、催涙弾を投げるデモの参加者=カラカスで30日、ロイター

 【サンパウロ山本太一】政治混乱が続く南米ベネズエラの首都カラカスで4月30日、独裁色を強めるマドゥロ大統領に対して野党指導者グアイド国会議長の呼び掛けに応じたデモ隊が治安部隊と衝突した。同日朝にはカラカスで軍の一部がマドゥロ氏に反旗を翻したが、動きは小規模にとどまった。マドゥロ氏は「クーデターの試みを鎮圧した」と宣言したものの、グアイド氏は退陣圧力を強めて5月1日にも大規模デモを開く予定で、情勢は流動的だ。

 グアイド氏は30日早朝、軍の蜂起と市民のデモ開催を呼びかけた。現地からの報道によると、市民数千人が…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです