メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
変革

第9部 りそなグループ/20止 改革の道、終わりなし

子育てしながら働く大森支店の杉本芳枝=東京都大田区で2019年3月、竹下理子撮影

 3月中旬、りそな銀行大森支店(東京都大田区)の窓口に、来店客と笑顔で話しながら仕事をこなす杉本芳枝(36)の姿があった。杉本は4歳の娘を育てながら、勤務時間を短縮できる「スマート社員」として働いている。

 りそなホールディングスは女性管理職の割合(28・3%)が政府目標の3割に近く、女性登用の先進企業として知られる。きっかけは2003年のりそなショック。給与カットを受けて多くの男性行員が退職し、女性の力を生かさなければ業務が回らないという事情があった。

 再建を任された細谷英二(故人)は、サービス改革の観点からも「顧客の半分は女性。男性中心の銀行の常識…

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1168文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです