メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第9部 りそなグループ/20止 改革の道、終わりなし

子育てしながら働く大森支店の杉本芳枝=東京都大田区で2019年3月、竹下理子撮影

 3月中旬、りそな銀行大森支店(東京都大田区)の窓口に、来店客と笑顔で話しながら仕事をこなす杉本芳枝(36)の姿があった。杉本は4歳の娘を育てながら、勤務時間を短縮できる「スマート社員」として働いている。

 りそなホールディングスは女性管理職の割合(28・3%)が政府目標の3割に近く、女性登用の先進企業として知られる。きっかけは2003年のりそなショック。給与カットを受けて多くの男性行員が退職し、女性の力を生かさなければ業務が回らないという事情があった。

 再建を任された細谷英二(故人)は、サービス改革の観点からも「顧客の半分は女性。男性中心の銀行の常識…

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1168文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです