メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展示会

旧ソ連時代、西側音楽は「ボーン・レコード」で 退廃的…エックス線写真再利用し密売

ボーン・レコード(C)The X-Ray Audio Project

 旧ソ連時代、ロックやジャズなど西側の音楽が禁止される中、使用済みのエックス線写真で作った海賊版が密売されていた。「ボーン(骨)・レコード」「肋骨(ろっこつ)レコード」などと呼ばれる。その展示会が東京都内で開催され、肋骨や骨盤が浮かび上がるレコードは、「音楽を聴く自由」について来場者に投げかけている。

 ボーン・レコードを収集し、展示を企画したのは、イギリス人ミュージシャンのスティーブン・コーツさんと…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 首相による違法行為の可能性は?「桜を見る会」野党ヒアリング詳報1

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです