メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Stand・by・you!そばにいるよ

指筆談で言葉読み取る 障害者の意思疎通法を普及 浅見好香さん(27)

障害者の意思疎通法を普及 浅見好香さん(27)

浅見好香(このか)さん

 「オリンピックで好きな競技は?」。車椅子に乗った重度の身体障害者に尋ね、発語できない相手の人さし指を自分の手のひらに当てる。指の動きで○×を読み取り「バスケットボールもサッカーも好きなんですね」とほほえんだ。

 理事を務めるNPO法人こつこつ(東京都新宿区)では、指や目で文字や記号を書いたり選んだりする意思表示を「介助付きコミュニケーション」と呼び、イベントや講演を通じ普及活動をしている。法人名は「言(・)葉をつ(・)むぎ、心(・)をつ(・)なぐ」の頭文字。取材した日は、障害者12人がスタッフや親に…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文658文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです