メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・医療・健康

高血圧防ぐレモン、キウイ

手軽に家の中でできる「ゾンビ体操」

 日本高血圧学会が先月、高血圧治療ガイドライン(指針)を改定し、成人の降圧目標を引き下げた。血圧が高過ぎると死亡や心疾患のリスクが高くなるという。なるべく降圧剤に頼らず血圧を下げたいが、どうすればいいのか。

 ●塩分排出促す作用

 学会の新指針によると、降圧目標は、75歳未満の最高血圧が前回指針の「140ミリHg(水銀)未満」から「130ミリHg未満」に、最低血圧が「90ミリHg未満」から「80ミリHg未満」に引き下げられた。降圧剤の処方が増えそうだが、改定に携わった学会理事の市原淳弘・東京女子医大教授は「薬に頼らず、生活習慣を改善して血圧を下げるよう努力してほしい」と訴える。

 血圧を下げるのに効果的なのが食生活の見直しだ。人は余分な塩分を体内に取り込むと、血圧を上げて腎臓に送り込む血流量を増やし、尿と一緒に排出しようとする。厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、1日の塩分摂取量の目標値は成人の男性で8グラム、女性で7グラムだが、実際には男女とも2グラム以上も上回る。塩分の多い食品や調味料の量を減らす「減塩」に取り組む必要があるが、摂取量を減らして薄…

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1365文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです